Four Stories- 4人のストーリー -

2020.4.6.Mon - 4.11.Sat
12:30-19:30*

貴納 大輔 添田 賢刀 椿金魚 前田 陸

「物語」は誰もが体験、思考、創作することのできる無限のエンターテインメントです。人生という物語を身をもって体験したり、一冊の本に創造された物語について思考したり、壮大な物語を自ら映像化したりと、十人十色の物語が存在しています。本展では今日のアートに見られるストーリー性に焦点を当て、象徴性や寓意性のある様々な物語を紡ぐアーティストの作品を提示します。作品を創作するプロセスの段階で実体験あるいは 空想世界といったアーティスト個人が形成した物語が実際の作品にどのような形で潜在しているのかを探ることで、アーティストの実体験や想像の 作品世界が観賞者へと紡がれ、新たな物語が綴られていくでしょう。本展では、実力派アーティスト3-4名を選抜し『Stories』というテーマで、物語性を含有するアートの多様性と可能性を提示します。

“Story” is an endless entertainment that anyone can experience, think and create. There are stories of all kinds, such as experiencing the story of life, thinking about the story created in one book, and visualizing a magnificent story by yourself. This exhibition focuses on the narratives found in today’s art, and presents the works of artists who create various stories with symbolism and allegory. By exploring the ways in which the story created by the artist, such as the actual experience or the fantasy world, is latent in the actual work during the process of creating the work, the actual experience of the artist and the imaginary work world will be spun to the viewer and a new story will be written. In this exhibition, we will select 3-4 talented artists and present the diversity and potential of narrative art under the theme of “Stories”.

  • 貴納 大輔

    貴納 大輔

    関西を中心に活動をしているイラストレーター。

    個展『とある街の風景 展』(Gallery & Café AQUA)
    個展『とある街のいろいろな扉 展』 (GALLERY龍屋 トイレギャラリー)
    神戸アートマルシェ2018出展(芝田町画廊)
    個展『はじめてのまち』(galleryそら)
    個展『とある街にふゆがきました』(Beauty & gallery hana輪)
    阪神阪急百貨店 西宮店 ワークショップ    その他多数。

    主な受賞歴

    講談社『BE・LOVE』第一回エッセイコミック大賞/入選
    KFSアートコンテスト三井住友海上火災賞/受賞
    KFSアートコンテスト信英広告賞/受賞
    GALLERY龍屋『タツコン2016』 龍屋賞 /受賞
    芝田町画廊主催『吉田杯-小作品コンテスト』/優勝

    コメント

    とある街の、可愛い動物や人々の暮らしのワンシーンを主に描いています。
    物語を想像しながら、楽しんでご覧頂ければと思います。
    イラストのご依頼、オリジナルイラストのオーダーやワークショップ
    なども随時請け負っていますので、ご興味のある方は
    是非、ご連絡頂ければ幸いです。

  • 添田 賢刀

    添田 賢刀

    Soeta Kento
    添田 賢刀

    Profile

    1994 福島県に生まれる
    2013 福島県立光南高等学校卒業
    2018 東北芸術大学芸術学部美術科洋画コースに入学

    2012 須賀川美術協会展 昭文堂賞
    2019 最上川。ここからはじまる山形。 優秀賞
    2020 日動画廊 昭和会展 入選

    Statement

    最近は人が紡いできた祈りなどをつなぐことをテーマにして作品を制作することが多い。それは神話であったり、宗教であったり長く紡がれてきたものやつなぐことのできなかったまたはつなごうとしてもつなぎ続けることのできない身の回りの記憶。その中で長くつらなってきたものには人の想いが宿る。
    現代を生きる私にはつながり続けているものを認識するのは困難だ。様々な情報が交錯しその場その場で手頃な物語を映していく。その場の物語が見せるものはどこかパッケージめいていて乾いた気持ちになる。つなぎ続けることが難しい環境だがつなぎ続けたいという想いは存在していた、神様を認識できない場所でも人は神さまを投影する

  • 椿金魚

    椿金魚

    椿金魚

    2018年に弟の自死を経験し、「描く」事を20年ぶりに再開しました。
    絶望の日々を、「描く」という行為が支えくれた気がします。
    16分に1人、年間3万人。
    今日も日本のどこかで自らの命を絶つ誰かがいます。
    でも、「とりあえず今日は生きてみてください。」ということを伝えたくて描いています。
    今日も私は「とりあえず生きてみる。」を選択し、描いています。
    作品には、命の尊さ、絶望の先にあるはずの希望、愛、平和などを散りばめています。
    決して完璧ではない私の作品を見て下さった誰かの心に、
    勇気や希望の灯火が繋がれたら幸いです。

  • 前田 陸

    前田 陸

    2011年 デザインフェスタvol.33
    グループ展「Animal World 4」ACT Gallery
        デザインフェスタvol.34
    2012年 デザインフェスタvol.35
        グループ展「Animal Planet 2012」ACT Gallery
    2013年 グループ展「Animal Planet 2013」ACT Gallery
    2014年 デザインフェスタvol.39
    グループ展「Animal Planet 2013」ACT Gallery
    2015年 デザインフェスタvol.42
    グループ展「Animal Planet 2015」ACT Gallery
    2016年 グループ展「空想幻獣展」デザインフェスタギャラリー
        日本画公募グループ展「白粧月」ACT Gallery
    2018年 グループ展「FANTASY ZOO」ガレリア表参道原宿
    2019年 グループ展「空想幻獣展」ガレリア表参道原宿

    他、グループ展多数

    コメント

    物心ついた頃から「動物」というヒトとは違う生命に惹かれてきました。
    なかでもオオカミの魅力は長年描いてきても描き足りないと思っています。
    古代より神や怪物になぞらえられた彼らの逸話は、
    むしろ他者の中に自身を見いだしてしまう「人間」そのものではないのか?
    そんな事を想いながら日々制作をしています。

作品ご購入ご希望の方は以下、ご連絡いただきますようお願いします。
また、実際に作品をご覧になりたい方は、作品により画廊にてご覧いただくこともできます。 ご希望の際は事前に御連絡ください。

問い合わせ先 (担当:吉村 義彦)
Mail : yy.artpoint★gmail.com(★は@に置き換えてください)
Tel : 03-6228-6839

Please contact us if you are interested in purchasing artworks.
In the case that you’d like to see actual artworks at the gallery, please contact us in advance.

Contact : Yoshihiko Yoshimura
Mail : yy.artpoint★gmail.com(Please change ★ to @)
Tel : 03-6228-6839