Blue Divers 2023- 青に誘われて -

2023.1.30.Mon-2.4.Sat
12:30-19:30*
*2.4.Sat until 17:00

上野 千夏 三澤 愛佳 徳丸 颯介 yu-

「青」という色彩は古来より多くの人々を魅了してきました。快晴の空や澄み渡る深い海など大自然に由来するものから、煌めく宝石や鮮やかな染め織物、レトロなネオンブルーなど、その色彩は常に美しさを伴って人類の文化・文明と共に発展していきました。
 そして、数多くのアーティストもまた美しい青に魅了され、様々な傑作を生み出してきました。フェルメールや葛飾北斎、歌川広重はその代表と言えるでしょう。
 本展名『Blue Divers』とは「青に潜る者」、すなわち青という色彩の深みを探求するアーティストのことを指します。表面的な美しさではなく、青によって構築される独自の空間、その意味や目的を思索するアーティストたちによる作品展開を通じて、青という色彩の魅力、その可能性の展望を探ります。


The color “blue” has fascinated many people since ancient times. From nature-derived elements such as clear skies and clear, deep seas, to glittering jewels, vibrant dyed textiles, and retro neon blue, these colors have always been accompanied by beauty and have developed together with human culture and civilization.
Many artists have also been fascinated by the beautiful blue and have created various masterpieces. Vermeer, Katsushika Hokusai, and Utagawa Hiroshige can be said to be representative of this.
The title of this exhibition, “Blue Divers,” refers to “those who dive into the blue,” in other words, artists who explore the depth of the color blue. We will explore the charm of the color blue and its possibilities through the development of works of artists who ponder the meaning and purpose of a unique space constructed by blue.
  • 上野 千夏<br>chinatsu ueno

    上野 千夏
    chinatsu ueno

    夢や記憶、心象風景として見た映像を夢日記の様に絵で残す事をしています。

    話す事が得意ではない私は、日々ものすごい速さで時間が過ぎる中で、自分の心境の言語化に成功できた事があまりありません。ですが、見た夢の事象や、その夢を元に描いた絵というのは、言語の代わりの媒体としてより早く、明確に表現できるように感じています。

    それらの絵は自身の中の様々な印象や心理状況の集まりなので、私以外が興味を引くものでは無いかもしれませんが、私にとってはどんな言葉よりも自分の気持ちに近づけられているのかなと思っております。

    今回の展示では4点出品いたします。また、販売も予定しております。

  • 三澤 愛佳<br>manaka misawa

    三澤 愛佳
    manaka misawa

    2000年長野県生
    学校法人トキワ松学園横浜美術大学 在籍
    美術学部 美術・デザイン学科 絵画専攻 

    青や灰色を使った静謐な作品を制作しています
    冷たく濁った静かな画面の内側に
    深々とした温度を感じていただければと思います

  • 徳丸 颯介<br>sosuke tokumaru

    徳丸 颯介
    sosuke tokumaru

    Now Printing

  • yu-

    yu-

    2016年 川崎市立高津高等学校 入学
    2017年 第56回大調和展 入賞
    2018年 第26回川崎市立高等学校合同芸術祭 教育長賞
    2019年 川崎市立高津高等学校 卒業
    2019年 横浜美術大学 美術・デザイン学科 入学
    2020年 グループ展「デザインフェスタ(原宿)」 
    2021年 公募第70回流形展 新作家賞
    第92回川崎市美術協会展 川崎市教育委員会賞
       自主展「横浜美術大学オンライン芸術展 雨催い」
    2022年 グループ展「BUNGEI Art Life Museum vol.2」

    都市と人を見つめて街の絵を描きます。その際、自身が過ごしてきた日々や他者との関わりを思い返しながら街に立ち絵画に起こしています。
    画面は青を基調としどこか雨が降っているかのような空気感があり、自身の仄暗い感情の表出がそうさせたようにも思えます。しかしそうでは無いのです。確かなことは未だ分かりませんが、一つ一つ自分の心を紐解きながら、その心を絵具にのせ雨を感じるような画面へと向かわせているのです。
    そうして様々な人が集う都市は、その他多くの者と繋がっていた場所に居た”私”を思い返させ絵画へと昇華させていきます。

作品ご購入ご希望の方は以下、ご連絡いただきますようお願いします。
また、実際に作品をご覧になりたい方は、作品により画廊にてご覧いただくこともできます。 ご希望の際は事前に御連絡ください。

問い合わせ先 (担当:吉村 義彦)
Mail : yy.artpoint★gmail.com(★は@に置き換えてください)
Tel : 03-6228-6839

Please contact us if you are interested in purchasing artworks.
In the case that you’d like to see actual artworks at the gallery, please contact us in advance.

Contact : Yoshihiko Yoshimura
Mail : yy.artpoint★gmail.com(Please change ★ to @)
Tel : 03-6228-6839