グループ展参加作家募集中

グループ展 参加アーティスト募集中 Currently accepting applications for group exhibition

GALLERY ART POINTでは、様々なグループ展を企画し開催しております。随時参加アーティストの募集を行っておりますので、興味をお持ち方はお気軽にお問い合わせお申込みください。年齢、国籍不問です。ジャンルも平面、立体、インスタレーション、パフォーマンスなど形態は自由です。 作品画像を拝見させていただいた上で、簡単な審査をさせていただき発表形態に合わせたグループ展をご案内いたします。 立体作品のご出品も可能です。展示台も無料でお貸ししております。 以下は、弊画廊で2020年に開催予定のグループ展となりますが、随時参加アーティストの申込みを受け付けております。 ご参加にご興味ある方は、お気軽にyy.artpoint★gmail.com(★は@に置き換えてください)までお問い合わせください。

Preface I 2022 参加アーティスト7-9名予定

本展覧会名の“Preface-プリフェイスとは物語の序章という意味があります。弊画廊の一年間の展示全てをひとつの物語として例え、年明け最初の展示をその物語の始まりとし、その始まりを予見させる序章(Preface)として本展を企画しました。 本展では2022年の序章(Preface)を飾るのに相応しいと思われる弊画廊選抜による実力派アーティスト7-9人による選抜展となります。

■開催期間 Exhibition period
2022.1.17.Mon – 1.22.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:00-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(6-7名)は、出品点数は原則的に2点以上5点以内としますが、30 号以内の作品に限ります。立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。 なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いません。

ART POINT Selection I 2022 参加アーティスト7-9名予定

ART POINT Selection展では、年6回の開催により弊画廊が注目するアーティスト30名を紹介します。出品をファインアートに特化することを本プログラムの趣旨として、奇をてらったテーマを設けず、いわゆる大衆芸術あるいは応用芸術と一線を画し、長い歴史のうちに培われた純粋芸術のマナーを次の世代に伝えることを目的とするものです。 明治以降西欧より日本に伝えられたハイカルチャーと呼ばれる思考に今一度その価値を求め、ファインアートの王道的見地に立脚し次世代の方向性を探りたいと思います。 また、年間のグループ展を通じて、評価が高かったアーティストには、翌年アートポイントでの完全企画展、プロデュース展及び海外アートフェアの出品候補の対象となります。

■開催期間 Exhibition period
2022.1.31.Mon – 2.5.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:30-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(6-7名)は、出品点数は原則的に2点以上5点以内としますが、30 号以内の作品に限ります。立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いません。

Fantasia 2022 参加アーティスト7-9名予定

現実世界には存在しない科学法則を仮定し、それに基づいた世界や社会を描く試みは、文学においても絵画においても歴史の初期から存在し、絵画の世界では、古くはヒエロニムス・ボスHieronimus Bosch; 1450年頃-1516年)をはじめとし、20世紀の素朴派、シュルレアリスム、第二次世界大戦後の作品まで、時代を問わず、ファンタジーアートと呼ばれる作品が存在します。 本展では、このファンタジーアートの世界に光をあて、ファンタジーの世界で美を追求する実力派アーティストを選抜し、ファンタジーというテーマで様々な技法とスタイルの中に映し出されるファンタジー世界を紹介します。

■開催期間 Exhibition period
2022.2.14.Mon – 2.19.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:00-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(6-7名)は、出品点数は原則的に2点以上5点以内としますが、30 号以内の作品に限ります。 立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。 なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いません。

Nature I 参加アーティスト7-9名予定

“ NATURE ”には、自然、天然、自然界、自然現象という意味があります。が同時に“ NATURE ”には本質という意味もあります。Artistが自然界( NATURE )を描くとき、そこにはその自然界の本質( NATURE)を知りたい描きたいというArtist自身の強い衝動や表現欲求が根底にあります。 本展“ NATURE ”では、自然界を描くアーティスト1012名を選抜し、自然(Nature)というテーマで様々な技法とスタイルの中に映し出される自然界や生物の姿、またそれぞれの作家が表現しようとする自然界の本質(NATURE)と個人の内面で紡ぎだされる自然界のイメージを作品を通じ展観したいと思います。

■開催期間 Exhibition period
2022.3.14.Mon – 3.19.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:30-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(6-7名)は、出品点数は原則的に2点以上5点以内としますが、30 号以内の作品に限ります。立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いませんが、動物や植物をモチーフにした作品に限ります。

A Scenery -或る心象風景- 参加アーティスト13-15名予定

現代アートとは、様々な表現方法を駆使して、現代社会に生きる人間の内面を多角的に読み解き、作家自身のフィルターを通して対象化し具現化し表現し、訴えるものです。                                         また、芸術鑑賞とは、様々な技法やアプローチによって創作された作品を鑑賞者自身のフィルターから感じ取り、解釈する行為です。その作品の作り手と鑑賞者の対話こそが芸術鑑賞の本質といえるでしょう。 本展では、弊画廊選抜による中堅ベテラン作家13-15名(予定)それぞれの作品の様々な技法とスタイルの中に映し出されるひとつの風景(A Scenery – 或る心象風景 -)を紹介し、それぞれの作家が再構築した”或る風景”を展観します。

■開催期間 Exhibition period
2022.4.11.Mon – 4.16.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:00-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(12-13名)は、出品点数は原則的に1点としますが、30 号以内の作品に限ります。立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いません。

UTAKATA I -泡沫- 参加アーティスト7-9名予定

“UTAKATA”展は、弊画廊が注目する日本画家と工芸作家(立体作家)数名によるコラボレーション企画による展示です。本展のタイトル、”泡沫(うたかた)”とは、水面に浮かぶ泡という意味があり、はかなく消えやすい物の例えとして使われます。 日本人の美術への向き合い方が日々変わっていく中で「日本画」や「工芸」という言葉の認識や概念もまた常に問われ続け、変化していく様はまさに泡沫であるようにも感じられます。 本展では、日本の伝統的な技法や様式の上に育てられ、熟成発展した伝統芸術の中に泡沫のように一瞬に消える瞬間を捉え切り取り永続性を与えるアーティストの作品を紹介することで次世代の「日本画」や「工芸」といった伝統芸術の可能性と方向性を展観します。

■開催期間 Exhibition period
2022.4.25.Mon – 4.30.Sat 6日間開催

■開催時間 Hours
12:30-19:30 最終日のみ17:00まで

■出品作品 Exhibited works
平面作家(6-7名)は、出品点数は原則的に2点以上5点以内としますが、30 号以内の作品に限ります。立体作家(1-2名)は、60cm四方のスペースで高さは150cm以内に収まる展示をしていただきます。なお出品作品は、具象・抽象・ミクストメディアなど、ジャンルは問いません。